FC2ブログ

お花見をしましょう

このブログは、オリカビ、オリキャラを中心に書いていくブログです。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

路地裏で独り :: 2013/01/08(Tue)

※広告回避!(・ω。=
※あけましておめでとうございます!!!ます!!今年も元気でぐだぐだやります!!
※バトン終わってませんごめんなさいイブキとルーミ仲悪ッ
※追記はスクアーロの雰囲気小説です

抉られた傷は深く、
奪われた時間は遠く、
付けられた痣は色深く。


優しく包み込む母の愛は得られずに、
注ぎ込まれたのは罵倒への耐性か。

厳しく叱る父の想いは届かずに、
耳を通ったのは空気の音だけか。


口から溢れ落ちるのは強さの為の代償で、
体から無くなるのは自分の為の代償で、
結局いつだって自分勝手な我儘だって。
目から滴る水は見ないふりをして、大丈夫だから。


必要としてほしい。
認識してほしい。
愛してほしい。
傍にいてほしい。
笑いかけてほしい。

その為に、強くならなきゃ。
その価値がある人間で居なければ、いけないんだろう。

無意味な愛など存在しなくて、
無条件に与えられるものなんかじゃなくて、
勝手に培われるなんて大嘘だ。




まだこれじゃ駄目かな。

まだこれじゃ無理だろうな。

ならもっと頑張らなきゃなぁ。




見返りの無い家族愛を信じるには傷が膿んでしまって。
強くその手を握り返すには力が衰えてしまって。








今日も死にそうな顔で、蒼い猫は笑う。








(泣き言によく似た笑い声で。)
スポンサーサイト
  1. 小説
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<パレットに白1つ | top | 白≠黒>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orikabidaisuki.blog55.fc2.com/tb.php/307-7e89b069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。